船橋の循環器内科の患者さんへ

船橋市の循環器内科

糖尿病内科

SGLT2阻害薬の直接的な心血管への影響

更新日:

SGLT2阻害剤の直接心臓血管影響:メカニズムおよび効果

Direct cardiovascular impact of SGLT2 inhibitors: mechanisms and effects.

Heart Fail Rev. 2018 Jan 11.

糖尿病内科

糖尿病内科

糖尿病は全世界に蔓延しており、世界で4億2,200万人以上の患者が死亡しており、うち2億9,900万人が2型糖尿病に苦しんでいる。ナトリウム - グルコース共輸送体2阻害剤(SGLT2i)は、T2D患者の血糖管理における新規かつ有効な薬物である。これらの阻害剤は、臨床的に観察された心血管保護効果のために、最近の臨床的および基礎的研究の注目を集めた。様々なSGLTアイソフォームの研究およびその阻害が心臓血管機能に及ぼす影響が過去20年間に及ぶにもかかわらず、利用可能な実験データに基づいて臨床的に観察された効果についての説明は今後発表されない。心血管系(CV)死亡率(38%)、主要なCV事象(14%)、心不全入院(35%)、および何らかの原因による死亡(32%)の著しい減少は、 SGLT2阻害薬エンパグリフロジン(Empa)を含むEMPA-REGアウトカム試験において、2型糖尿病および高CVリスクは、血糖、体重、利尿などの既知の中程度の全身改善と相乗作用する可能性がある、および血圧制御。限られた知見と心臓におけるSGLTの病態生理学的役割を有する心臓血管系へのSGLT2iの直接的な影響を複数の研究が調べた。SGLT2iの心臓恒常性への直接的な影響は、SGLT1アイソフォームが、ヒトおよびげっ歯類の心臓の毛細血管および心筋において発現される唯一の形態であるという点で、依然として議論の余地がある。SGLT2iが心臓血管系に及ぼす直接的な影響と今後の研究の潜在的なラインはこのレビューで要約されている。

-糖尿病内科
-

Copyright© 船橋市の循環器内科 , 2018 All Rights Reserved.