船橋の循環器内科の患者さんへ

船橋市の循環器内科

糖尿病内科

血糖降下療法が心不全に及ぼす影響

更新日:

血糖降下療法が心不全に及ぼす影響

Effect of glucose-lowering therapies on heart failure.

Nat Rev Cardiol. 2018 Jan 25.

降圧療法

降圧療法

心不全は糖尿病の最も一般的な併存疾患の1つである。確立された心不全の患者の心不全を予防するか、または結果を改善することができるグルコース低下療法は、2型糖尿病を有する患者の間で非常に重要である。いくつかのタイプのグルコース低下薬がこの設定で評価されている。メトホルミンは、心不全患者の転帰を適度に改善することが示されているが、確立された心不全を有する患者におけるインスリンの効果はあまり明確ではない。心不全の改善に対するスルホニルウレアの効果は議論の余地がある。観察された報告は、これらの患者に有害であると示唆しているが、これらのデータは無作為化された対照試験において確認されていない。チアゾリジンジオンは、確立された心不全を有する患者において禁忌であり、心不全を引き起こすことも知られている。さらに、特定のDPP-4阻害剤は、心不全の入院を増加させるようである。GLP-1受容体アゴニストの効果は、確立された心不全の有無にかかわらず、特に駆出率が低下した非代償性心不全を有する患者では異なる可能性がある。しかし、おそらく最も重要な発見は、ナトリウム/グルコース共輸送体2(SGLT2; SLC5A2としても知られている)阻害剤が心不全の入院を減らし、エンパグリフロジンの場合には心血管死の割合を著しく低下させることであろう。他の血糖降下薬が心不全の結果に及ぼす中立な(または有害な)作用を持つことを考えても、SGLT2阻害剤は、糖尿病や心不全の患者や心不全発症のリスクが高い患者有益であると考えられる 。

-糖尿病内科
-

Copyright© 船橋市の循環器内科 , 2018 All Rights Reserved.