船橋市の循環器内科の患者さんへ

船橋市の循環器内科

循環器内科

腫瘍内科

記憶と見当識を補うケアの重要性

2018/9/22    

記憶と見当識を補うケアの重要性 循環器内科 【はじめに】 認知症者は認知機能障害により自分自身が置かれている状況が認識できず不安を抱え生活しており、その人らしく安心して生活を送れるようなケアや環境調整 ...

低酸素症

低酸素の反応時間に対する重症度依存性の影響は、神経血管結合とは無関係である。

2018/9/21    

低酸素の反応時間に対する重症度依存性の影響は、神経血管結合とは無関係である。 低酸素症 Severity-dependent influence of isocapnic hypoxia on rea ...

積極的降圧療法

2018/9/17    

積極的降圧療法を行う。 降圧療法 循環器疾患の予後が改善しない元凶は、根源である高血圧が未だ克服できていないことにある。 循環器疾患発症の半分以上が高血圧に起因するものであり、国民全体の血圧値は過去5 ...

心不全保存摘出率の患者における心臓交感神経機能に対するCilnidipineからAzelnidipineへの切り替えの効果

2018/8/17    

心不全保存摘出率の患者における心臓交感神経機能に対するCilnidipineからAzelnidipineへの切り替えの効果 循環器内科 Effect of Switching from Cilnidi ...

糖尿病内科

心臓病手帳

2018/3/17    

心臓病手帳 循環器内科 循環器内科にご紹介いただいた患者さんにお配りしている心不全手帳ですが、皆様から頂いたご意見を参考にいくつか修正した点があります。心不全で入院される患者さんの数は年々増加していま ...

脚気心。長期の白米のみの摂取で生じる。

2018/2/3    

脚気心。長期の白米のみの摂取で生じる。 脚気心 症例:患者27歳、男性 主訴:全身の浮腫、呼吸困難 既往歴:特記事項なし 家族歴:特記事項なし 現病歴 201Z年X月中旬より下腿浮腫が出現し、Y月から ...

非弁心房細動を罹患した糖尿病患者に好ましい脳卒中予防戦略はあるか?

2018/1/7    

非弁心房細動を罹患した糖尿病患者に好ましい脳卒中予防戦略はある?ワルファリン、ダビガトラン、リバーロキサバンの比較 心房細動の治療 Is There a Preferred Stroke Preven ...

降圧療法

循環器内科診療について

2017/12/31    

循環器内科診療 循環器内科 ワタクシの考える循環器科診療観は患者に対して自信を持って循環器科診療を行なうことが、ワタクシの循環器科診療観である。自信を持って循環器科診療することで患者にも安心を与えられ ...

350万人の男性と女性の間の代謝的に健康な肥満と事故の心臓血管疾患の事象

2017/12/30    

350万人の男性と女性の間の代謝的に健康な肥満と事故の心臓血管疾患の事象 降圧療法 以前の研究では、代謝的に健康な肥満個体の心血管リスクについては不明であった。 目標 この研究では、代謝的に健康な肥満 ...

心不全の病態

2017/12/4    

心不全の病態 心不全とは心臓のポンプの働きが低下して、全身が必要とする血液を十分に送り出すことが出来なくなった状態の事を言います。その中でも収縮の低下:血液を送り出す働きが悪くなる状態と拡張性の低下: ...

Copyright© 船橋市の循環器内科 , 2019 All Rights Reserved.