船橋市の循環器内科の患者さんへ

船橋市の循環器内科

消化器

胆石症

空腹時血糖の維持と肝糖産生

2018/9/29    

空腹時血糖の維持と肝糖産生 肝臓 肝疾患の患者さんは朝の血糖だけは良い。なぜだろうか。 肝臓は空腹時血糖の維持に,中心的な役割を担っているからである。終夜の絶食の間に糖新生のおよそ90%が肝臓で起こり ...

腫瘍内科

テルミサルタンは、細胞周期停止を誘導することにより、インビトロで肝細胞癌細胞増殖を阻害する。

2018/9/28    

テルミサルタンは、細胞周期停止を誘導することにより、インビトロで肝細胞癌細胞増殖を阻害する。 Telmisartan inhibits hepatocellular carcinoma cell pr ...

ercp

ERCP (内視鏡的逆行性胆管膵管造影)

2018/9/28    

ERCP (内視鏡的逆行性胆管膵管造影) ercp 内視鏡を用いて、Vater乳頭からカニューレを挿入し、膵管・胆管を造影する方法。 適応疾患:膵臓がん、慢性膵炎、胆道癌、胆嚢癌、胆道結石症、胆道狭窄 ...

糖尿病内科

短腸症候群:腸の適応応答を媒介する調節経路を明らかにする

2018/9/26    

短腸症候群:腸の適応応答を媒介する調節経路を明らかにする Micromanaging the gut: unravelling the regulatory pathways that mediate ...

ebm

嘔吐症

2017/9/18    

嘔吐症の原理 ebm 嘔吐は何らかの原因により嘔吐中枢が刺激されると迷走神経,交感神経,体性運動神経を介して起こる。幽門が閉ざされ,食道括約筋がゆるみ,胃に逆流運動が起こり,それとともに横隔膜や腹筋が ...

no image

早期胃癌ESD適応拡大治癒切除後の長期予後

2016/10/6    

早期胃癌ESD適応拡大治癒切除後の長期予後 早期胃癌に対する治療選択には外科切除と内視鏡的切除があるが、機能温存やQOLの面から、より低侵襲な治療として内視鏡的切除の果たす役割は大きい。内視鏡的粘膜下 ...

腫瘍内科

逆流性食道炎の初期治療後の方針

2016/9/14    

GERDの初期治療後の方針 消化器内科 GERDに対する治療だが、PPIを第一選択薬として、症状が落ち着いてくるとPPIを半量にする治療が、いわゆるステップダウン療法があると思う。しかしその際、PPI ...

no image

肝細胞癌との鑑別が困難であった肝好酸球性肉芽腫の一例

2016/8/5    

肝細胞癌との鑑別が困難であった肝好酸球性肉芽腫の一例 症例:男性。生肉摂取歴あり。2012年2月、慢性C型肝炎フォロー中に腹部超音波検査にてS7に境界不明瞭な腫瘤を認めた。精査にて肝細胞癌が疑われ手術 ...

no image

肝臓がんの多くが肝炎や肝硬変から発症します。

2016/5/17    

肝臓がんの多くが肝炎や肝硬変から発症します 長期に肝細胞の破壊と再生を繰りかえすことによってがん化すると考えれています。 特にB型肝炎やC型肝炎ウイルスの感染者は、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんと進む可能 ...

no image

原発性肝癌の治療

2016/3/17    

原発性肝癌の治療 我が国での原発性肝癌の最大の原因は慢性C型肝炎であり、原因の約75%を占めている。次点がB型肝炎であり10-15%を占めている。C型肝炎ウイルスによって肝細胞癌に至る場合には、非癌部 ...

Copyright© 船橋市の循環器内科 , 2018 All Rights Reserved.