船橋の循環器内科の患者さんへ

船橋市の循環器内科

「 糖尿病 」 一覧

リラグルチドとPPAR

SGLT1およびSGLT1阻害剤:現在の臨床実践において評価されるべき役割

2018/9/28    

SGLT1およびSGLT1阻害剤:現在の臨床実践において評価されるべき役割。 SGLT1 and SGLT1 Inhibitors: A Role to Be Assessed in the Curr ...

糖尿病内科

SGLT2阻害剤の直接心臓血管影響:メカニズムおよび効果

2018/9/27    

SGLT2阻害剤の直接心臓血管影響:メカニズムおよび効果 Direct cardiovascular impact of SGLT2 inhibitors: mechanisms and effect ...

糖尿病内科

フロリジンは、PI3K / AKT / eNOSシグナル伝達経路を活性化し、一酸化窒素(NO)のレベルを増加させることにより、パルミチン酸(PA)誘発内皮機能障害に対する直接的な保護作用を発揮する

2018/9/26    

フロリジンは、PI3K / AKT / eNOSシグナル伝達経路を活性化し、一酸化窒素(NO)のレベルを増加させることにより、パルミチン酸(PA)誘発内皮機能障害に対する直接的な保護作用を発揮する P ...

乳牛の泌乳期および生酵母補給の影響による乾期中の第一胃および大腸上皮における遺伝子発現の変化

2018/9/26    

乳牛の泌乳期および生酵母補給の影響による乾期中の第一胃および大腸上皮における遺伝子発現の変化 Changes in gene expression in the rumen and colon epi ...

糖尿病内科

カナグリフロジンは、血漿尿毒症毒素を減少させ、慢性腎疾患マウスモデルにおける腸内微生物の組成を変化させる。

2018/9/25    

カナグリフロジンは、血漿尿毒症毒素を減少させ、慢性腎疾患マウスモデルにおける腸内微生物の組成を変化させる Canagliflozin reduces plasma uremic toxins and ...

リラグルチドとPPAR

週1回投与のグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)受容体作動薬セマグルチドの発見

2018/9/23    

週1回投与のグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)受容体作動薬セマグルチドの発見 セマグルチド Discovery of the Once-Weekly Glucagon-Like Peptide-1 ...

糖尿病内科

糖尿病症例の周術期血糖コントロール

2018/9/23    

糖尿病症例の周術期血糖コントロール 糖尿病内科 糖尿病とは、インスリン作用不足による慢性の高血糖状態を主徴とする代謝疾患群である。2型糖尿病は、インスリン分泌低下やインスリン抵抗性をきたす素因を含む複 ...

AKT-MTOR

AGEs誘発AKT / MTORシグナル伝達関連ヒト軟骨細胞のオートファジーに対するPPARGの効果

2018/9/19    

AGEs誘発AKT / MTORシグナル伝達関連ヒト軟骨細胞のオートファジーに対するPPARGの効果 AKT-MTOR 関節軟骨における進行した糖化最終生成物(AGEs)の蓄積は、変形性関節症発症の主 ...

リラグルチドとPPAR

リラグルチドはPPARα経路を介して糖尿病ラットの心機能を保護する

2018/9/17    

リラグルチドはPPARα経路を介して糖尿病ラットの心機能を保護する リラグルチドとPPAR Liraglutide protects cardiac function in diabetic rats ...

研修を通して学んだこと、所属部署で改善できたこと

2018/9/29    

船橋市の糖尿病研修を通して学んだこと、所属部署で改善できたこと 糖尿病内科 船橋市の糖尿病研修を通して学んだ事は、糖尿病の学習は日々の意識付けと積み重ねがとても大事だということだ。糖尿病は突然起きるた ...

Copyright© 船橋市の循環器内科 , 2018 All Rights Reserved.