船橋の循環器内科の患者さんへ

船橋市の循環器内科

循環器内科

急性虚血性脳卒中に対する単独の静脈血栓溶解と血栓摘出との比較

更新日:

急性虚血性脳卒中に対する単独の静脈血栓溶解と血栓摘出との比較

Combined Intravenous Thrombolysis and Thrombectomy vs Thrombectomy Alone for Acute Ischemic Stroke
A Pooled Analysis of the SWIFT and STAR Studies

循環器内科

循環器内科

機械的血栓切除(MT)は、大血管閉塞による急性虚血性脳卒中(AIS)患者の臨床転帰を改善する。しかし、静脈血栓溶解(IVT)がMTを受けている患者に有益であるかどうかは不明である。

ステントリトリーバーを用いたMT前のIVTによる治療が、MTを受けている患者において有益であるかどうかを調べる。
この事後分析では、AIS(2010年1月1日から2010年12月31日までの間に行われた血栓塞栓術の目的でのソリテア)と、Solitaire Flow(Solitaire Flow)の2つの大規模多施設前向き臨床試験2010年1月1日から2012年12月31日までの急性血管再建術のための回復血栓術)。独立したコアラボラトリーが、各試験において放射線学的結果を得た。

インターベンション:患者に組織プラスミノーゲンアクチベーターを投与したIVTで治療したMT(IVTおよびMT群)によって、ステントリトリーバーまたはステントリトリーバー単独でのMTの使用(MT群)。

成功した再灌流、機能的独立(修正ランキンスケールスコア0-2)および90日での死亡、症候性頭蓋内出血、新しい領域への塞栓、および血管痙攣を比較した。

結果

分析に含まれた291人の患者のうち、160人(55.0%)がIVTおよびMT(平均[SD]年齢、67歳[13] 97名(女性60.6%)、131名(45.0%)がMT単剤(平均[SD]年齢は69歳[12]歳。 71 [55.7%]女性)。中央アルベロストロークプログラム早期CTスコアベースラインはIVTおよびMT群でより低かった(8対9、P = 0.04)。統計的にはなかった。症状発症から鼠径部穿刺までの期間の有意差(254分)IVTおよびMT群対MT群の262分間、P = .10)。パス数、レート成功した再灌流、90日での機能的独立、90日での死亡、および新しい領域への塞栓もグループ間で似ていた。症状のある頭蓋内出血(1%vs 4%)および実質性出血1型(1%vs 3%)または2型(1%vs 4%2%)は有意差がなかった(P =0.25)。血管痙攣は、IVTおよびMT対MTのみを受けた(27%対14%、P = 0.006)。多変量解析では、IVTとMTの間に統計的に有意な関連が観察された。

-循環器内科
-

Copyright© 船橋市の循環器内科 , 2018 All Rights Reserved.