船橋の循環器内科の患者さんへ

船橋市の循環器内科

循環器内科

アテローム性動脈硬化症(急性冠動脈症候群)における急性期タンパク質

投稿日:

アテローム性動脈硬化症(急性冠動脈症候群)における急性期タンパク質。

Acute phase proteins in atherosclerosis (acute coronary syndrome).

Cardiovasc Hematol Agents Med Chem. 2008 Oct;6(4):272-7.

降圧療法

降圧療法

アテローム性動脈硬化症のメカニズムの研究により、炎症が急性冠動脈症候群(ACS)の発症、進行および転帰に中心的役割を果たすことが判明した。船橋市の循環器内科でC反応性タンパク質(CRP)血漿レベルは、ACS患者において増加する。 CPRは、血管形成術後、および梗塞後患者の長期管理において、ACSにおける重要な予後マーカーである。 α-1-抗トリプシン(A1AT)、α-1糖タンパク質(A1GP)、ハプトグロビン(HG)などの他の急性期タンパク質(APP)の血漿濃度の増加の役割と影響は、 、セルロプラスミン(CP)、およびC3cおよびC4補体画分は、ACS患者においてまだ完全には定義されていない。この短いレビューは、ACSにおけるこれらの他のAPPの役割、および生物学的および臨床的意義に関する実験的および臨床的証拠を要約する。

-循環器内科
-

Copyright© 船橋市の循環器内科 , 2018 All Rights Reserved.