船橋の心臓病患者さんには、心臓病食。高血圧食を主体とした食事療法を徹底していただきたいと思っています。

船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市

循環器内科

循環器内科とは

循環器内科とは血管(動脈、静脈)の病気と心臓の病気を扱う専門科です。
患者様の症状には動脈硬化による心筋梗塞や、普段の生活の中から不安的要素が生じ、それが精神的な症状に表れるなど幅広くございます。
その為、循環器科では問診による診断や検査を行い、循環器による疾患、症状の有無について患者様に分かりやすくご説明し納得していただいた上で治療、診察を進めていくよう取り組んでおります。
また、診察の結果で一刻を争う場合もあるため迅速な処置を行います。
健診などで異常を指摘された方、どこに相談に行ってよいか悩んでいる方はいらして下さい。
高血圧や糖尿病などの持病をもつリスクの大きい方は、定期的に循環器科の診察を受けることをお薦めします。

次のような症状はお気軽にご相談ください。

・動悸、息切れ、胸の痛み、胸の圧迫感
・呼吸困難、チアノ─ゼ、背部痛、
・めまい(非回転性、失神性めまい)、立ちくらみ、むくみ、
・失神、意識消失発作、など

■循環器の主な病名
脳卒中、高血圧症、不整脈、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)などがあります。
「人は血管から老いていく」といわれます。

最近よく聞かれるようになった「血管年齢」とは血管の老化度、つまり動脈硬化がどれだけ進んでいるかをあらわすものです。
現代では食事やストレスなどの影響で、実年齢よりも血管年齢が高い人が増えているといわれます。肌を美しく保つために毎日のスキンケアが欠かせないように、血管を若くしなやかに保つためには、毎日の正しい生活習慣が大切です。
ほとんどの場合は、発症の原因をはっきりと特定することができない本態性高血圧です。
患者様の約9割を占め、遺伝的素因と生活環境が複雑に絡み合って発 症すると考えられていますが、詳しいことは分かっていません。

高血圧は生活習慣病の代表といってもよい病気で、血圧を上げるものとして以下が考えられています。

・塩分の取り過ぎ
・オーバーウェイト
・禁煙
・過度の飲酒
・ストレス
・運動不足

残りの1割程度は、腎臓や内分泌、血管系の疾患、神経の病気など、高血圧の原因が明らかなもので、二次性高血圧とよばれています。
低血圧は、一般的に最高血圧(収縮期血圧)が100mmHg未満であることをいいます。高血圧症とちがって、心血管系疾患の発症率も低いため、病気とみなされないことがありますが、原因となる他の病気があって起こる低血圧もありますので注意が必要です。

低血圧は、症状がさまざまで、時には日常生活に支障をきたすこともあるので、本人にとっては深刻な問題です。
医療施設で検査をした上で、生活の工夫などで症状を改善するようにしましょう。
心臓には4つの部屋があります。上側の右心房と左心房が血液を受け入れ、下側の右心室と左心室が血液を送り出しています。
これら4つの部屋がリズミカルに収縮することで、心臓は絶え間なく全身に血液を送りだしているのです。
このリズムを作っているのが心臓の上部にある洞結節(どうけっせつ)と呼ばれる部分で、これが1分間に60~80回の電気刺激を発生させて心臓を規則正しく収縮させています。

不整脈とは、この電気刺激が正常に働かなくなり、脈が不規則になってしまう状態のことで、動悸や息苦しさを感じ、ひどくなると血圧が低下し、失神やショックを起こすこともあります。
身体のすみずみまで栄養を行き届かせている動脈。

動脈をはじめとする血管は弾力性に富んでいますが、年をとるとともに血管にも老化現象が起こります。弾力性が失われて硬くなったり、内部にさまざまな物質が沈着して血管の通り道が狭くなり、流れが滞るような状態を「動脈硬化」といいます。

また、動脈硬化が起こることが原因で、身体にさまざまな症状が現れているものを「動脈硬化症」といいます。
動脈硬化が進み狭心症・心筋梗塞に至ると死に至る危険性が増します。

狭心症の場合は、胸の圧迫感や痛みなど一時的な発作ですむことが多いのですが、進行して心筋梗塞を起こすと失神するような激しい痛みに襲われ、最悪の場合には心臓の停止・突然死を招くことがあります。
狭心症・心筋梗塞を予防するには、動脈硬化の原因となる高血圧や高脂血症などにならないようにすることです。

オーバーウエイトや過労、過度のストレスを避け、適度な運動と睡眠を心がけるなど、血管に負担をかけないようにしましょう。
心臓は、全身に血液を送るポンプの役割を果たす大切な臓器です。

全身をかけめぐって炭酸ガスを含んだ血液(静脈血)を肺に送る右心房・右心室(右心系)と、 肺で炭酸ガスが酸素に交換された血液(動脈血)を全身に送る左心房・左心室 (左心系)とで成り立っています。

心不全とは、心臓のポンプ機能が低下し、体の各組織が必要とする量の血液を供給できない状態をいいます。つまり、心不全は病気ではなく、機能が低下している病態をさす言葉なのです。

投稿日:

Copyright© 船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市 , 2017 AllRights Reserved.