船橋の循環器内科の患者さんへ

船橋市の循環器内科

糖尿病内科

増殖性糖尿病性網膜症に対するプロプラノロールの効果

投稿日:

増殖性糖尿病性網膜症に対するプロプラノロールの効果

プロプラノロール

プロプラノロール

Propranolol for Proliferative Diabetic Retinopathy.

Ophthalmic Surg Lasers Imaging Retina. 2018 Jan 1;49(1):35-40.

目的

増殖性糖尿病性網膜症(PDR)に起因する網膜血管新生に対するプロプラノロールの効果を評価する。

方法

この予定されているパイロットについて、インターベンショナル・ケース・シリーズでは、ウィスコンシン大学マディソン校の眼科医院で、PDRを有する糖尿病患者(n = 10被験者; 12眼)を募集した。被験者に経口プロプラノロールを12週間投与し、網膜症および網膜血管新生領域を眼底写真およびフルオレセイン血管造影(FA)でモニターした。研究の主なアウトカム指標は、網膜新生血管形成の写真領域およびFAでの漏出度であった。

結果

すべての眼は、12週間後までに安定した程度の網膜血管新生を示した。

結論

12週間の期間の経口プロプラノロール投与は、PDRに起因する網膜新生血管形成に有意な効果を示した。

-糖尿病内科

Copyright© 船橋市の循環器内科 , 2018 All Rights Reserved.