船橋の心臓病患者さんには、心臓病食。高血圧食を主体とした食事療法を徹底していただきたいと思っています。

船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市

船橋糖尿病内科

糖尿病治療の基本は食事療法である

更新日:

糖尿病治療の基本は食事療法である。

糖尿病の基本食事療法。山中教授らの研究が発展して膵臓が再生できるようになればいい。
食事療法について、特に最近流行の「低炭水化物食」についてやカーボカウント。
たまにジムに行って、自転車こぎやランニングを30分間して汗だくだくになってから、マシーンの消費カロリーをみると80kcal、バナナ1本分のイラストを見るとつらい。運動は糖尿病には効果はありますが、やせるのは無理。運動療法でのHbA1cの低下は約0.5%(0.38~0.97%)ぐらい。食事が一番、そして運動と必要なら薬物療法。

上は脂肪1kg(7000キロカロリー)の標本。
皆さん、その大きさと重さに「これがお腹についているのか」と感慨深い様子。
その下にそれを消費するための運動量が示してある。
脂肪1kgを燃やすのには、ジョギング22時間と表示してあるから、「やっぱり、運動でやせるのは無理だから、饅頭や缶コーヒー
を減らすしかないな」と言われる。そもそも、糖尿病の運動療法は減量目的ではなく、インスリンがよく効くような体質に変えるためのものだ。食事療法は食事制限食ではない。

-船橋糖尿病内科
-

Copyright© 船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市 , 2017 AllRights Reserved.