船橋の心臓病患者さんには、心臓病食。高血圧食を主体とした食事療法を徹底していただきたいと思っています。

船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市

船橋糖尿病内科

糖尿病治療の目的

更新日:

糖尿病治療の目的

糖尿病治療の目的は、細小血管症や大血管症の抑制です。これらの合併症の新規発症や進展を抑えねばなりません。この観点から、国内外において様々な大規模臨床試験が行われてきた。様々なエビデンスが蓄積してきている一方で、まだ未解明の部分も多い。厚生労働省研究班の調査では糖尿病患者の約8%が治療を中断しています。理由は「仕事や学業が忙しいから」が最も多いのです。両立に悩む人は多く、職場環境をどう整えるかが課題といえます。厚労省は2月、両立支援のための企業向け指針を策定しました。従業員が安心して病気について相談できるよう、窓口を設けて医師と企業が情報を共有することを求めました。 従業員や主治医、企業の間で病気や業務の内容をやりとりするためのひな型の作成のほか、有給休暇の時間単位での取得制度の創設なども進める。長期間休んだ人の勤務時間・日数を短縮する「お試し勤務」の整備など、具体例も示しました。帯状疱疹は、加齢や過労、ストレスなどで免疫の働きが低下して発症すると考えられています。がんや糖尿病、アトピー、膠原病や妊娠がきっかけになる場合もあります。チクチク、ピリピリする痛みが起こった後、数日で体の左右どちらか片側に赤い発疹ができて帯状に広がり、水ぶくれになります。発疹ができやすいのは胸、腹部、背中、顔、頭部など幅広い。重症化すると、顔や頭部では視力障害が起こったり、顔面神経マヒを起こして口が閉じられなくなったりします。帯状疱疹の原因は子どもの頃に感染しやすい水痘・帯状疱疹ウイルスだ。水ぼうそうが治った後もウイルスが体内の神経節に潜伏するのです。肝臓の特定の酵素が働かないと、脂肪肝の発症や非アルコール性脂肪肝炎(NASH)への進展につながります。

-船橋糖尿病内科
-

Copyright© 船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市 , 2017 AllRights Reserved.