船橋の心臓病患者さんには、心臓病食。高血圧食を主体とした食事療法を徹底していただきたいと思っています。

船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市

船橋消化器内科

嘔吐症

投稿日:

嘔吐症の原理

嘔吐は何らかの原因により嘔吐中枢が刺激されると迷走神経,交感神経,体性運動神経を介して起こる。幽門が閉ざされ,食道括約筋がゆるみ,胃に逆流運動が起こり,それとともに横隔膜や腹筋が収縮して胃を圧迫し,胃の内容物が排出される。
唾液分泌亢進,冷汗,顔面蒼白,めまい,徐脈,頻脈,血圧低下などの自律神経症状を伴うことがある。胆気は同様な刺激により起こり,嘔吐運動に至らないものと考えられるが,胆気を伴わない嘔吐もあり不明な点も多い。
 嘔吐中枢は局在性のはっきりしたものではなく,一連の嘔吐運動を引き起こす疑核,唾液核などを介し嘔吐運動を起こし,また上位中枢へ伝えられ胆気として認識される。この部位は血液脳関門に覆われているので,直接催吐性の物質には反応しないが,神経を介した入力を受ける。神経伝達に関与する受容体としてはドパミンD2受容体,ムスカリン(Achm)受容体,ヒスタミンH1受容体,セロトニン5HT2,3
受容体,ニューロキニンNK1受容体などがある。いわゆる嘔吐中枢への入力には4つの経路があると考えられている。
精神的あるいは感情的な要因によっても嘔吐は起こる。化学療法における予期匪嘔吐はよく知られているが,どのような経路で嘔吐中枢に至るのかは明らかにされていない。頭蓋内圧亢進や腫瘍,血管病変などが直接または間接的に嘔吐中枢を刺激する。脳圧が高くなくても脳室の拡大,伸展があると機械的受容体が刺激され,嘔吐中枢への入力となる。 最後野(area postrema)は第4脳室底にあり,血管が豊富で血液脳関門がないので,血液や脳脊髄液中の代謝物,ホルモン,薬物,細菌の毒素など,さまざまな催吐性刺激を受けるため化学受容器引金帯(chemoreceptor trigger zone ; CTZ)と呼ばれる。神経伝達物質ではドパミン,セロトニン,サブスタンスPなどが,薬物ではモルヒネ,ジギタリスなどが刺激となることがよく知られている。一方,最後野へは神経性の入力もある。消化管から5HT3受容体が関与する迷走神経による刺激や,前庭からの刺激がこの部を介して嘔吐中枢に伝えられる。
体の回転運動や前庭の病変により前庭が刺激されると, Achm受容体やH1受容体の関与するコリン作動性ニューロン,ヒスタミン作動性ニューロンにより,直接または最後野を介して嘔吐中枢が刺激される。
 咽頭,心臓,肝臓,消化管,腹膜,腹部・骨盤臓器の機械的受容体あるいは肝,消化管の化学受容体が刺激されると迷走神経,交感神経,舌咽神経を介し,嘔吐中枢が刺激される。消化管の伸展は嘔吐刺激となりうる。ドパミン刺激により消化管の運動は低下し,内容物が停滞することで,消化管の伸展を引き起し,機械的受容体が刺激され,迷走神経,内臓神経を介して嘔吐刺激が伝えられる。ここにおいて,D2受容体拮抗作用や5HT4受容体刺激はアセチルコリンを放出させ,消化管運動が改善することで消化管の伸展は緩和され,嘔吐刺激は改善する。消化管閉塞があると,消化管運動により消化管は過伸展を引き起し,嘔吐刺激が惹起される。また消化液の分泌増加が加わると,消化管がさらに伸展し,嘔吐刺激は悪化すると考えられる。化学療法などで消化管の粘膜障害が起こると,セロトニンが腸管クロム親和性細胞より放出され,求心性の迷走神経,内臓神経を介して刺激が嘔吐中枢に伝えられる。

【参考文献】
1)Horn cc. Why is the neurobiology of nausea and vomiting so important? Appetite 2008 : 50 :
  430-4
2) Carpenter D0, Briggs DB. Knoχ AR Strominger N. Eχcitation of area postrema neurons by
  transmitters, peptides, and cyclic nucleotides. J Neurophysiol 1988 : 59 : 358-69
3)MⅢer AD, Leslie RA. The area postrema and vomiting. Front Neuroendocrine! 1994 : 15 :
  301-20
4) Morrow GR Arseneau JC. Asbury RF, et a1. Anticipatory nausea and vomiting with chemo-
  therapy.N Engl J Med 1982 : 306 : 431-2
5) Takeda N, Morita M, Horii A, et a1. Neural mechanisms of motion sickness. J Med Invest
  2001 : 48 : 44-59
6) Carpenter D0. Neural mechanisms of emesis. Can J Physiol Pharmacol 1990 : 68 : 230-6
7) Abrahamsson H. Severe gastroparesis: new treatment alternatives. Best Pract Res Clin Gas-
  troenterol 2007 : 21 : 645-55
8) Cubeddu Lχ. Serotonin mechanisms in chemotherapy-induced emesis in cancer patients.
  Oncology 1996 : 53 (Suppl 1):18S-25S

-船橋消化器内科
-

Copyright© 船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市 , 2017 AllRights Reserved.