船橋の心臓病患者さんには、心臓病食。高血圧食を主体とした食事療法を徹底していただきたいと思っています。

船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市

船橋消化器内科

逆流性食道炎の症状

更新日:

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の典型的症状は胸焼けである。非特異的症状として、胸痛がある。循環器疾患に由来しないという意味で非心臓性胸痛という。耳鼻科領域にわたる症状(咽喉頭異常感症)もある。慢性の咳、肺炎、喘息のような症状が生じることもある。慢性咳をみたらGERDを疑う必要がある。
GERDの発生には様々な因子が関与している。
下部食道括約筋(LES: lower esophageal sphincter)の圧低下が挙げられる。カルシウム拮抗薬、テオフィリン、抗鬱薬、硝酸剤などはLESの圧を低下させ、食道への逆流を増加させる薬物である。ARB/CCB合剤の普及で、それとは知らずにカルシウム拮抗薬を内服している患者は多く、注意が必要である。
プロトンポンプインヒビターは、壁細胞のH+,K+-ATPアーゼに対して非競合的に拮抗し、著明な酸分泌抑制作用を発揮する。GERDに対するPPIの投与は効果が認められる。GERDのほとんどは内科的治療でじゅうぶんな効果が得られるが、約10%に逆流防止手術が必要になる。海外ではGERDに対する内視鏡治療が実用化されているが、日本ではまだまだである。
*金澤一郎,北原光夫,山口徹,小俣政男総編集:内科学,医学書院:1279-1285,2006.

-船橋消化器内科
-

Copyright© 船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市 , 2017 AllRights Reserved.