船橋の心臓病患者さんには、心臓病食。高血圧食を主体とした食事療法を徹底していただきたいと思っています。

船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市

船橋循環器内科

血管アンチエイジングに不可欠なビタミンC

更新日:

血管アンチエイジングに不可欠なビタミンC

血管が老化していく際、血管にはどんなことが起きているのか。
実に多くのことがおこりますが、その中で血管の弾力性低下があります。すなわち、血管が硬くなるということです。
血管の弾力を作り上げてるものは何でしょう?それは、コラーゲンと呼ばれています。
若々しい肌を保つのに必要だと言われています。
血管も、肌もコラーゲンが必要なのです。
コラーゲンの材料はのうちの一つがビタミンCなのです。
つまり、血管をを若々しく保つために必要なビタミンCをとると、結果的にモチモチの肌が手に入るということです。
コラーゲンの材料はビタミンCだけではありませんが、血管アンチエイジングにはビタミンCは、まさに必須アイテムと言えるでしょう。では、ビタミンCをどうやって身体に入れればいいでしょうか?
もちろんビタミンC豊富な果物を食べるのが一番良いでしょう。怪しげなサプリメントは良くありません。
なぜでしょうか。ほとんどのビタミンCサプリメントには、トウモロコシデンプンが添加物として入っていないからです。ビタミンCはトウモロコシデンプンから作られるから、添加物に入っていてもおかしくないし、むしろ自然だという反論もあるでしょう。ところが、サプリメントのビタミンCにトウモロコシデンプンを添加物に含んでいないということは、特殊な製造工程を経ている可能j性があるということです。

日本ではアスコルビン酸が生産されていない

そもそも、アスコルビン酸は日本国内で製造されていません。
アスコルビン酸は基本的に中国で生産しています。そして、大方のサプリメントビタミンCは中国で製造されています。ビタミンCの錠剤を作る過程は2段階あって、1段階目が、ビタミンCの本体であるアスコルビン酸をつくることです。2段階目が、このアスコルビン酸に、固めたりカサを増やす添加物を加えて、飲みやすい錠剤にすること。「中国製造」では、何が入っているのか心配ではありませんか?

ビタミンCサプリメントは中国製と考えておいた方が良い

同じ理由で、出所不明のビタミンCの点滴もやめておきましょう。
食物で摂るのが一番良いのです。

-船橋循環器内科

Copyright© 船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市 , 2017 AllRights Reserved.