船橋の心臓病患者さんには、心臓病食。高血圧食を主体とした食事療法を徹底していただきたいと思っています。

船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市

船橋循環器内科

iPS細胞で心筋細胞を

更新日:

iPS細胞で心筋細胞を

慶応大の研究チームはiPS細胞から作った心筋細胞を、短期間で純度99%で選び出す新技術を開発した、と発表した。 iPS細胞を使う再生医療の安全性を高める手法で米科学誌電子版に1日、掲載された。当該研究チームはこの技術を応用し、心筋細胞を心不全患者に移植する臨床研究の計画を、国認定の審査委員会に2017年に申請する予定となっているようだ。
iPS細胞を体の細胞に変えて移植する際には、変化しきっていないiPS細胞の除去が重要となってくる。iPS細胞が残ったままであると、そこから腫瘍が生じる可能性があるためである。
循環器内科 教授らは、アミノ酸の一種のグルタミンが、iPS細胞の生存に必要なエネルギー源であることを発見した。グルタミンともう一つのエネルギー源のブドウ糖を培養液から除きiPS細胞を培養すると、全て死滅することを確認したのだ。この培養液に、心筋細胞のエネルギー源である乳酸を投入する。iPS細胞から変化させた心筋細胞と、iPS細胞が混じった状態で培養すると、ほぼ心筋細胞だけ残った。従来約10日かかった心筋細胞の選別が、約5日に縮められるそうである。 循環器内科 教授らは、心臓の一部の細胞が死んでしまった心不全の患者に、iPS細胞から作った心筋細胞を注射器型の器材で移植し、心臓の機能を再生させる臨床研究を予定しているようだ。移植前に今回の技術で心筋細胞を選別する計画だそうだ。

-船橋循環器内科

Copyright© 船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市 , 2017 AllRights Reserved.