船橋の心臓病患者さんには、心臓病食。高血圧食を主体とした食事療法を徹底していただきたいと思っています。

船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市

船橋内科

鉄欠乏性貧血の特徴

更新日:

鉄欠乏性貧血の特徴

貧血とは

貧血とは、血液中の赤血球の数やヘモグロビン(Hb)の濃度が低い状態です。
なかでも鉄欠乏性貧血は、鉄不足が原因で起こる貧血です。

赤血球のはたらき

赤血球は酸素を運ぶ役割を持つ細胞で、細胞の中にヘモグロビンというタンパク質が存在します。ヘモグロビンは、酸素と結合する性質があり、体内で酸素濃度の高い組織では酸素と結合し、酸素濃度の低い組織では酸素を手放すという特性によって、肺で取り込んだ酸素を体の隅々に運んでいきます。このヘモグロビンを作るには、鉄が不可欠です。鉄欠乏性貧血では、鉄分の不足によって、ヘモグロビンの合成が傷害され、貧血が起こるのです。

鉄欠乏性貧血になる原因

以下のようなものがあげられます。
  1. 胃や十二指腸の潰瘍・炎症・痔・癌などによる消化管からの出血、月経による出血(出血=ヘモグロビンとして鉄が失われます)、
  2. 偏食による食事からの鉄分の摂取不足、
  3. 胃切除などによる吸収障害、
  4. 身体の成長や妊娠に伴う鉄需要量の増大

一般的に、若い男性では胃や十二指腸の潰瘍や痔、若い女性では月経やダイエットによる鉄の摂取不足、中年女性では子宮筋腫による月経過多が原因となることが多く、さらに男性女性ともに中高年以降では、胃癌や大腸癌が原因となることがあり、注意が必要です。

鉄欠乏性貧血の検査結果

鉄欠乏性貧血では総鉄結合能 TIBC は増加して、トランスフェリン飽和率は低下します。不飽和鉄結合能 UIBC が増加します。鉄欠乏性貧血は小球性低色素性貧血です。MCVおよびMCHが低下します。血清フェリチンは低下します。血清鉄低下、TIBC上昇、鉄芽球減少、貯蔵鉄減少がみられます。
小球性低色素性貧血
(MCV≤80,MCHC≤30) 正球性貧血
(MCV=80~100,MCHC=31~35) 大球性貧血
(MCV≥101,MCHC=31~35)
1.鉄欠乏性貧血
2.鉄芽球性貧血
3.感染・炎症・腫瘍などに伴う貧血
4.先天性トランスフェリン欠乏症
5.サラセミア(グロビン合成異常症)

-船橋内科

Copyright© 船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市 , 2017 AllRights Reserved.