船橋の心臓病患者さんには、心臓病食。高血圧食を主体とした食事療法を徹底していただきたいと思っています。

船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市

船橋内科

貧血の分類

更新日:

正球性正色素性貧血

(MCV=80~100,MCHC=31~35)

  1. 急性の出血
  2. 溶血性貧血
  3. 二次性貧血(腎臓疾患や内分泌疾患などに伴う貧血)
  4. 骨髄疾患(再生不良性貧血、骨髄低形成、腫瘍の転移・浸潤、骨髄異形成症候群など)

小球性低色素性貧血

(MCV≤80,MCHC≤30)
  1. 鉄欠乏性貧血
  2. 鉄芽球性貧血
  3. 感染・炎症・腫瘍などに伴う貧血
  4. 先天性トランスフェリン欠乏症
  5. サラセミア(グロビン合成異常症)

大球性貧血

(MCV≥101,MCHC=31~35)
  1. ビタミンB12欠乏 (悪性貧血、胃切除術後など)
  2. 葉酸欠乏・代謝異常
  3. DNA合成異常(先天性疾患、薬剤性など)
  4. 肝障害に伴う貧血
  5. 出血後の貧血からの回復期など
補足
二次性貧血の原因の内分泌疾患の例
甲状腺機能低下症:エリスロポエチン産生低下による
副甲状腺機能亢進症:造血前駆細胞の抑制、 骨髄の線維化
副腎機能低下症:赤血球産生の抑制
下垂体機能低下症:エリスロポエチン産生の低下

-船橋内科

Copyright© 船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市 , 2017 AllRights Reserved.