船橋の心臓病患者さんには、心臓病食。高血圧食を主体とした食事療法を徹底していただきたいと思っています。

船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市

船橋高血圧症

船橋市高血圧 大日本住友がアバプロを発売。

更新日:

大日本住友がアバプロを発売。

「アバプロ錠 50mg/100mg」(一般名:イルベサルタン)を、7月1日付で発売。

アバプロは、血中半減期が長く、24時間降圧効果が持続する、長時間作用型のARB(アンジオテンシン2受容体拮抗薬)で、軽症から重症高血圧症まで優れた降圧効果が認められます。

海外では、イルベサルタンは、サノフィ・アベンティス社(本社:フランス)によって創製され、サノフィ・アベンティス社とブリストル・マイヤーズ スクイブ社(本社:アメリカ・ニューヨーク州)の共同開発により、1997年に上市され、現在86カ国でAvapro及びAprovelの商品名で販売されています。また、海外の主要なガイドラインにも記載されているIDNTやIRMA2などの大規模臨床試験結果により、早期腎症から顕性腎症までの幅広い範囲の腎保護作用に関するエビデンスを有する唯一のARBとして知られており、ARBのトップブランドの一つとして高く評価されています。

当社は持続性Ca拮抗薬「アムロジン」をはじめ、多様な降圧薬を販売しており、これらにアバプロが加わることにより、高血圧症領域のラインアップがさらに拡充でき、高血圧治療に一層貢献できるものと期待しています。

キーワードは「24時間持続」と「腎保護」みたいですね。
アバプロは AdVAnced PROtection の意だそうです。
実際処方するとなると立ちはだかる、最初の一年間の「14日処方の壁」。他に代替品が無い訳ではないし、薬価も他剤と同等。厳しい戦いだと思います。
頑張れ、大日本住友のMRさん!!

-船橋高血圧症

Copyright© 船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市 , 2017 AllRights Reserved.