船橋の心臓病患者さんには、心臓病食。高血圧食を主体とした食事療法を徹底していただきたいと思っています。

船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市

不整脈

健常ボランティアにおけるQTc間隔に対する単回用量Ertugliflozinの効果を決定する第1相、無作為化、プラセボ対照および能動対照交叉試験

投稿日:

健常ボランティアにおけるQTc間隔に対する単回用量Ertugliflozinの効果を決定する第1相、無作為化、プラセボ対照および能動対照交叉試験

A Phase 1, Randomized, Placebo- and Active-Controlled Crossover Study to Determine the Effect of Single-Dose Ertugliflozin on QTc Interval in Healthy Volunteers.
Clin Pharmacol Drug Dev. 2018 Jan 18.

選択的ナトリウム-グルコース共輸送体-2阻害剤であるErtugliflozinは、2型真性糖尿病の治療のために開発されている。この無作為化された6シーケンスの3期間のクロスオーバー試験は、42人の男性または男性の心拍数(QTc)を補正したQT間隔に、ertugliflozin(100 mg;治療前用量)とプラセボとモキシフロキサシン(400 mg;陽性対照)女性の健康な被験者。 3回の心電図は、各治療期間中、投与後48時間にわたって投与された。 ertugliflozinとプラセボの間のFridericia補正(QTcF)を使用したQTcの観察された最小自乗平均(90%CI)差の最大値は、潜在的な臨床的懸念の5ミリ秒の閾値以下の2.99(1.68,4.30)ミリ秒であった。両側の90%CIの上限は、すべての投与後の時点で10ミリ秒未満であった。モキシフロキサシンとプラセボとの最小二乗平均QTcFの差の90%CIの下限は、投与後2,3および4時間の予め選択した時点で5ミリ秒より長く、試験感度を確立した。有害事象の大半は軽度であった。健康なボランティアでは、100mgの治療前用量で、ertugliflozinはQTc間隔の延長と関連していなかった。

2017年12月、ファイザーが創製し、メルクがメインで販売するSGLT2阻害剤のエルツグリフロジン(ertugliflozin)PF-04971729をFDAが承認した。製品は3つあって、ertugliflozin及びmetformin配合剤、sitagliptin配合剤。

-不整脈
-

Copyright© 船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市 , 2018 All Rights Reserved.