船橋市の循環器内科の患者さんへ

船橋市の循環器内科

循環器内科

低酸素症

低酸素の反応時間に対する重症度依存性の影響は、神経血管結合とは無関係である。

2018/9/21    

低酸素の反応時間に対する重症度依存性の影響は、神経血管結合とは無関係である。 低酸素症 Severity-dependent influence of isocapnic hypoxia on rea ...

心不全保存摘出率の患者における心臓交感神経機能に対するCilnidipineからAzelnidipineへの切り替えの効果

2018/8/17    

心不全保存摘出率の患者における心臓交感神経機能に対するCilnidipineからAzelnidipineへの切り替えの効果 循環器内科 Effect of Switching from Cilnidi ...

糖尿病内科

心臓病手帳

2018/3/17    

心臓病手帳 循環器内科 循環器内科にご紹介いただいた患者さんにお配りしている心不全手帳ですが、皆様から頂いたご意見を参考にいくつか修正した点があります。心不全で入院される患者さんの数は年々増加していま ...

woman doctor

アルコールと心血管リスク:ジキルとハイドのJカーブ

2018/2/21    

アルコールと心血管リスク:ジキルとハイドのJカーブ woman doctor Alcohol and CV Health: Jekyll and Hyde J-Curves. Prog Cardiov ...

降圧療法

循環器内科診療について

2017/12/31    

循環器内科診療 循環器内科 ワタクシの考える循環器科診療観は患者に対して自信を持って循環器科診療を行なうことが、ワタクシの循環器科診療観である。自信を持って循環器科診療することで患者にも安心を与えられ ...

350万人の男性と女性の間の代謝的に健康な肥満と事故の心臓血管疾患の事象

2017/12/30    

350万人の男性と女性の間の代謝的に健康な肥満と事故の心臓血管疾患の事象 降圧療法 以前の研究では、代謝的に健康な肥満個体の心血管リスクについては不明であった。 目標 この研究では、代謝的に健康な肥満 ...

静脈内投与されたアンジオテンシンIIは血圧を上昇させ、高用量の昇圧剤を受けていた血管拡張性ショックを有する患者においてカテコールアミンの用量を減少させる

2017/9/19    

静脈内投与されたアンジオテンシンIIは血圧を上昇させ、高用量の昇圧剤を受けていた血管拡張性ショックを有する患者においてカテコールアミンの用量を減少させる 降圧療法 Angiotensin II for ...

動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017 PCSK9,MTP阻害薬,新フィブラート追記

2017/2/28    

PCSK9阻害薬を使用する。MTP阻害薬,新フィブラートがガイドラインに追記される 動脈硬化性疾患予防ガイドライン 今年改定予定の動脈硬化性疾患予防ガイドライン改定作業を日本動脈硬化学会が進めています ...

動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017の概要

2017/2/9    

循環器内科が、動脈硬化症を予防する!動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017の概要 循環器内科 動脈硬化性疾患予防ガイドラインを作成している日本動脈硬化学会は1月29日、作成を進めている「動脈硬化性疾患 ...

no image

循環性ベースラインプロタンパク質変換酵素サブチリシンKexinタイプ9レベルとエボロクマブの有効性との関連

2017/1/29    

循環性ベースラインプロタンパク質変換酵素サブチリシンKexinタイプ9レベルとエボロクマブの有効性との関連 循環器内科 Association Between Circulating Baseline ...

Copyright© 船橋市の循環器内科 , 2019 All Rights Reserved.