船橋の心臓病患者さんには、心臓病食。高血圧食を主体とした食事療法を徹底していただきたいと思っています。

船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市

「船橋呼吸器内科」 一覧

no image

抗原回避に苦慮した過敏性肺炎の一例

抗原回避に苦慮した過敏性肺炎の一例 83歳男性。平成28年8月11日頃から発熱と咳嗽が出現し、8月19日当院呼吸器内科を受診。肺炎疑いにて治療を開始したが発熱が持続し入院となった。抗菌薬点滴を開始した ...

no image

敗血症性肺塞栓症の疑い

敗血症性肺塞栓症の疑い症例 現病歴 発熱・倦怠感を主訴に当院内科受診。発熱の原因は不明であり経過観察となった。帰宅後も発熱は持続したため他院受診し胸部単純CTで異常影を指摘され、精査・加療目的に当院紹 ...

no image

肝肺症候群

肝肺症候群 肺症候群は肝疾患の存在、低酸素血症、肺内血管の拡張を3主徴とする疾患群の総称で、肝疾患を有する低酸素血を呈する全ての患者で鑑別にあがります。肝硬変患者の15~20%に肝肺症候群が生じると報 ...

no image

手術6カ月以内に全身性ステロイド投与を要した患者

手術6カ月以内に全身性ステロイド投与を要した患者 術前、術中にステロイド投与を行う 術前:ヒドロコルチゾン100~300㎎またはメチルプレドニゾロン40~80㎎ 術中:ヒドロコルチゾン100㎎またはメ ...

no image

気管支喘息とは

気管支喘息とは 気管支喘息は、発作性に起こる気道狭窄によって、喘鳴や呼吸困難を繰り返す病気です。組織学的にみると気道炎症が起こっており、そのまま放置しておくと不可逆性の気道リモデリングが生じます。この ...

no image

クリゾチニブ投与中に下部消化管穿孔を合併したが、アレクチニブに変更後経過良好なALK肺癌の一例

クリゾチニブ投与中に下部消化管穿孔を合併したが、アレクチニブに変更後経過良好なALK肺癌の一例 <はじめに> クリゾチニブはALK融合遺伝子陽性切除不能な進行・再発非小細胞がんに対して2012年に承認 ...

no image

気管支鏡で診断がついた放線菌症

気管支鏡で診断がついた放線菌症 症例:55歳、女性 主訴:咳嗽、呼吸困難 現病歴:X-3年12月頃より湿性咳嗽が出現し、近医で胸部X線写真を繰り返し施行されていた。徐々に症状が増悪し、臥位での呼吸困難 ...

Copyright© 船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市 , 2017 AllRights Reserved.