船橋市の心臓病内科 | 心臓病船橋市

船橋の心臓病専門外来には、循環器・心臓病専門医が不可欠。船橋の心臓病内科、心臓船橋市。

船橋市の循環器内科とは

循環器内科とは、簡単に言えば心臓と血管の病気を診る診療科です。
対象疾患は以下です:心筋梗塞・心不全・不整脈・動脈硬化・大動脈瘤・高血圧など。
具体的症状は胸が痛い、動悸がある、息苦しい、血圧が高いなどがあります。
対象疾患など
高血圧、脂質異常症(高脂血症)、狭心症、心筋梗塞、不整脈、弁膜症、心筋症、大動脈瘤、動静脈疾患、心不全、閉塞性動脈硬化症、 ペースメーカーのフォローアップ、心臓手術後などの循環器全般診療を行っております。
胸痛、動悸、息切れ、息苦しさ、むくみ、めまい、失神など心臓病に関係した症状のある方は、 弁膜症などの心臓病や狭心症、動脈硬化、不整脈がないか調べてみましょう。
また、血圧コントロール不良でお悩みの方はご相談下さい。
こんな症状の時、ご相談ください
胸の痛み、圧迫感
脈が飛ぶ、どうき、めまい
動くと息切れする、横になると息苦しい、足がむくむ
いつも足が異常に冷たい、痛みやしびれがある
長い距離を歩くと足がしびれたり、重くなり、休むとよくなる など
以下に主な循環器内科疾患についてご説明します
狭心症
狭心症は、動脈硬化が起こり、冠状動脈が狭くなり、血液の流れが悪くなることで生じます。
運動時など通常より多く酸素が必要になる時、心臓の筋肉が酸素不足により胸痛を生じるようになります。 この胸痛は、運動を止め、一定時間休むことで消失するのが特徴です。労作性狭心症と呼ばれています。
また、狭心症の症状は運動時だけではなく、安静時にも症状として現れることがあります。
特に夜間や早朝に血管が痙攣(けいれん)を起こし、狭心症状が起きるものです。
これは冠動脈れん縮性狭心症と呼ばれています。

心筋梗塞

心筋梗塞は、狭心症と並ぶ心疾患の代表的な病気です。
心臓の筋肉に酸素や栄養を送っている冠動脈の動脈硬化巣が破裂して血栓ができて血管が閉塞することにより血液の流れが途絶え、 その血管で養われていた流域の心筋が壊死を起こしていく病気です。
狭心症の場合は安静にしていれば痛みはひいていきますが、心筋梗塞の場合は強い持続性のある痛みが長く続きます。
心筋梗塞の原因は、動脈硬化が進行することや血管内のプラークと呼ばれる脂肪などの固まりが破れて血栓ができてしまうことにあります。
動脈硬化は、食事、運動、喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣の違いによって大きく影響されます。 また、動脈硬化は加齢とともに進行するため、一種の加齢現象ともいえます。
しかし、急に現れるわけではなく、若いころから始まり、40歳を過ぎる頃に症状が現れてくることが多いようです。
つまり、動脈硬化の予防は若いうちから行う必要があります。
少しずつ原因となる生活習慣を改善していきましょう。

心不全

心不全とは、病名ではなく、「心臓がポンプとしての機能を果たせなくなった結果生じた体の状態」をいいます。
心臓の働きのうち、どこの働きが、どのぐらい機能していなくて、どの程度機能が低下しているのか、その低下が急に起こったものか(急性心不全)、 徐々に起こったものか(慢性心不全)によって、心不全の種類や程度は様々です。それは、心不全の原因は一つではないからです。
心筋梗塞や心臓弁膜症など、あらゆる心臓病はもちろん、例えば高血圧で長年、心臓に負担がかかっている場合などでも、 次第にその働きが低下し、心不全の原因となります。
心不全は現在、欧米ではトップの頻度の疾患です。生活習慣の欧米化が進む日本でも、ほぼ同程度に迫っていると思われます。
心不全は生活習慣病です。規則正しい生活と運動、睡眠、食生活によって、少しずつ改善し予防していきましょう。

高血圧症

血液が血管の中を通るとき、血管にかかる圧力のことを血圧といいます。
心臓は、ポンプのように毎分60~80回ぐらい、血液を血管へと押し出しています。
ご想像がつくように、心臓が収縮して血液を押し出した時に、血管にはいちばん強く圧力がかかります。
これが最高血圧といわれるものです。
そして、収縮した後に心臓が広がる時に、圧力がいちばん低くなり、いわゆる最低血圧です。
最高血圧と最低血圧のどちらが高くても、高血圧症と診断されます。
不整脈
心臓にはそれぞれの役割を持つ4つの部屋があります。
上側の右心房と左心房で全身を循環した血液を受け入れ、下側の右心室と左心室で再度血液を送り出すポンプの役割を担っています。
これら4つの部屋が正常に収縮することで、心臓は絶え間なく全身に血液を上手く循環させています。
身体のまさに動力源とも呼べる心臓には、この収縮をコントロールする洞結節(どうけっせつ)と呼ばれる器官があり、およそ1分間に60~80回の電気刺激を発生させて心臓を規則正しく収縮させています。
不整脈とは、この電気刺激が正常に働かなくなり、脈が不規則になってしまう状態をさします。
具体的な症状として、動悸や息苦しさを感じ、酷い場合には血圧が低下し、失神やショック状態に陥ることもあります。

動脈硬化

動脈硬化は血管の内側にLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が沈着することで発症すると言われています。しかし、LDLコレステロールはそのままの状態では、血中に存在するだけでは動脈硬化を促すわけではありません。
LDLコレステロールが酸化し、「変性LDL」へと変化し、血管の内側に存在する「LOX-1」というたんぱく質と結合し血管に沈着することで、血管内皮細胞に慢性的な炎症状態が生じ動脈硬化が発症します。

超音波検査装置(心エコー)

超音波を体表にあて、心臓や頚動脈が動いている様子をモニターに映し出します。
心臓の超音波検査では生活習慣病に関わる心機能を詳細に判定できます。
また、検査で得られる情報量が多いので、頚動脈エコー検査などでは脳梗塞の診断にも極めて有効です。

心電図検査

心臓は全身に血液を循環させるために、筋肉の拡張と収縮を繰り返します。その際に微弱な活動電流が発生します。
その変化を波形として記録し、その乱れから病気の兆候を読み取るのが心電図検査です。
心臓の疾患に関しての検査中では最も頻繁に行われる検査の一つです。

24時間ホルター心電図検査

小型で入浴も可能なホルター心電図にて、日常生活中の24時間の心電図を記録し、これをもとに病気の診断を行う医療機器です。
不整脈と冠動脈がけいれんする冠攣縮性狭心症は、労作とは無関係に早朝や夜間に多く見られます。 このため、短時間の心電図検査や負荷心電図検査では診断が難しく、実生活の中で心電図を記録する等検査が不可欠です。

血管年齢検査

血圧測定と似た方法で手足の脈波を測定します。血管は年齢とともに硬くてもろくなり(動脈硬化)、放置すると狭心症、心筋梗塞、脳卒中などを引き起こします。
血管年齢とは、動脈の硬さを同年齢の健康な方と比べることで算出されます。
また動脈硬化で下肢の血流が悪くなると、歩行時に下肢痛を自覚しますが、その早期診断も可能です。